税務会計って何

財務会計とは違う税務会計について

税務会計とは、税金を算出するための会計基準のことです。企業は、売上など稼いだ金額=所得額によって、税金を収めなくてはいけません。その税金の額を計算するための会計が、税務会計なのです。法人税法などの法律や規則に則して計算されますが、大企業と中小企業では、異なる税務会計を適用することがあります。税務会計によって企業が納める税金の額が決まるため、企業は所得額を小さく見せて、税金の額を少なくしようと考えます。それに対して税務署は税金を多く納めてほしいため、企業に費用や経費を多く計上させない方針を取ることが多いです。税務の制度や法律は改定されるため、しっかりと改定内容を把握して、正しく対応することも大事です。